外構計画PLAN~高低差のある敷地~

外構計画PLAN

高低差のある敷地のプランニング

土地を決め、建物が出来上がり、いざ外構計画へ!というところで敷地の高低差で頭を悩ませてしまうお客様も少なくありません。一般的にはブロックを積んだり階段を設置することで高低差を解消することが多いですが少しの工夫で見栄えが全然変わっていきます。今回はそんな高低差のある敷地の外構計画をご紹介させていただきます。

階段~タイル2色~

外構計画PLAN

階段の仕上がりにタイルを使用することはよくありますが今回は踏み面はダーク系のタイル、側面にはホワイト系のタイルを計画しています。2色のタイルを計画することで単調さが無くなります。タイルの色は外壁色と合わせることでまとまりも良くなります。また高低差がある箇所には安全性の為に手摺りを設置することをおすすめします。今回はフラットレールというシンプルなデザインの手摺りを計画しています。こちらの商品は圧迫感をあまりあたえずスッキリとした印象にさせてくれるので手摺りの設置距離が長い場合などにおすすめです。

これからの暮らしやすさ

外構計画PLAN

駐車スペースにはスロープを計画し建物との動線を意識しました。買い物終わりに重たい荷物を持って移動するのは大変ですよね。動線を意識することで最短距離で荷物を運ぶことができます。階段ではなくスロープにしたことでお子様が小さい時などはベビーカー、車いすが必要になった時も使用することができます。家づくりで家事動線を意識することと同じで外構でも移動動線を意識することで長く暮らしやすいお家づくりが実現できます。

外構計画PLAN

最近希望される方が多くなった宅配ボックスも暮らしやすいお家づくりの一例です。郵便ポストと宅配ボックスが一緒になっている商品もありますが今回は別々の商品にて計画しています。郵便ポストは門袖に埋込仕様にし正面から見たときにスッキリとした印象になります。また、取り出しが後ろからできることと取り出し取っ手が上面についているポストを計画することでしゃがむことなく立ったまま上から郵便物を取り出すことが可能です。同じく宅配ボックスも後ろから取り出しが可能な商品を選ぶことでお家の中まで運びやすくなります。実際に自分が使うところを想像するだけで毎日の作業を少しだけ楽にできます。

ウッドデッキにも一工夫

外構計画PLAN

外構計画のなかで希望されるの方が多いのがウッドデッキです。最近ですとカラーバリエーションも豊富になりメンテナンスがあまりかからない人工木デッキが人気ですね。洗濯物を干したりお庭ごはんで活用したりと使い方もたくさんあります。そんな使い方が様々なウッドデッキをより活用していただくために日除けの設置をおすすめします。熱がこもりやすく夏場は表面が暑くなりがちな人工木デッキですが、日除けを設置することを直射日光を避け表面温度を下げることができます。せっかくウッドデッキを設置したのに暑くて夏場は使用できない!なんてことにならないようウッドデッキの計画を考えている方には日除けの設置もご検討いただきたいです。

植栽が与える視覚の影響

外構計画PLAN

外構計画で重要な役割なのが植栽になります。植栽があるのとないのでは全然見え方が変わってきます。今回は同じ外構計画で植栽のみ撤去したパースもご用意しました。

外構計画PLAN

どうでしょうか?植栽があったパースと比べるとなんだかさびしい印象になりませんか?植栽が与える印象は私たちが思っている以上に重要だと思います。弊社では外構計画をする際にお客様から特にご要望がなければ植栽も計画に入れることをおすすめしています。もちろん植栽を希望されないお客様もいらっしゃいますので無理にご提案することはありません。植栽の計画を迷われている方はお手入れ方法等、心配に思うことがあれば弊社スタッフがプロの視点からご相談にお答えいたしますのでご安心ください。

最後に

今回ご紹介させていただいたのは高低差のある外構計画でしたが新築外構以外の依頼も常時対応しております。外構に関することでご相談等ございましたらお気軽に下記のお問い合わせ・ご相談フォームにご連絡ください。

お問い合わせ・ご相談

ガーデン&エクステリア設計、外構・造園工事に関するご質問やご相談などがございましたら株式会社林造園までお気軽にお問い合わせください。「お問合せ・ご相談フォーム」